明日が最終日です。2017/08/12

 6月に始まった田口和奈展ですが、明日が最終日です。 夏休みに入ってからは市内の中学生が課題を抱えて暑い中ですが熱心に作品を見ています。 会期中にはラウンジでの季節のお食事「七夕点心」を準備して大勢のお客様に喜んでいただきました。
途中でカッセルのドクメンタ14に出かけたりパリの若江漢字さんのグループ展をみたり、ボンの友人を訪ねたり久しぶりの一人旅を満喫いたしました。
1982年のドクメンタ7でヨーゼフ・ボイスのカッセル市内に7000本のオークと対になった植樹プロジェクトはメイン会場のフリードリッチアニュムの前に門構えのように元気に育っていました、あれから35年が経っています。
田口さんの展覧会には各地から美術館関係者が多く足を運んでくださって、あらためて田口さんの作家活動への注目度の高さを感じています。 久々の個展での発表でしたが、今後の作品展開へのステップとして飛躍されることを期待しています。

越前谷展のオープニング2017/08/31

 27日(日)は越前谷さんを囲んでのオープニングパーティーでした。作家本人の強い希望もあって1985年の初期作品から今年の最新作まで30点の見応え十分の展示です。  オープニングパーティーには横須賀市長の上地克明さんも来られ作品についての話を越前谷さんから聞いていらっしゃいました。
 飲み物は夏の定番のミントティーと季節の果物がいっぱい詰まったフルーツティー、冷たーくしていただきました。 サプライズの北海道からのメロンがちょっと気取っています。