若江漢字展が始まりました。2018/04/04

 
当館の創設者でもある、若江漢字さんの写真作品の初期作品から今日まで作品を通して、何を意図して写真を媒体としたか、を問い直す展覧会です。 1968年の初期作品から2016年の作品まで約50年の間に制作された 作品のなかで20点を展示しています。 オープニングには小田原の鈴廣かまぼこの差し入れをいただきました。カスヤの森現代美術館の竹林から採れた筍をふんだんに使って カルパッチョや筍ご飯、煮〆も並びました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック