夏至の絵画2019/06/23

 いつまでも明るいこの頃、閉館後の扉に差した西日が描いた光の絵です。閉めて帰るのがもったいないくらいでした。
ラウンジから見える裏庭の紫陽花は窓一面を埋め尽くしています、まだまだ見頃です。
入り口に咲いているアナベルは挿し木から、こんなに見事に成長しました。
半夏生の花が咲いています。
紫陽花の間からチラっと覗く半跏思惟像の石仏は、フローレンス西村さんが、その表情が気に入ってご自分で選んで置かれました。昨日は以前、フローさんのセミナーに来ていた方が3人でその像に会いに来られました。なんと毎年欠かすことなく来てくださるんです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック