Joseph Beuys 展が終了しました。2019/10/09

 ヨーゼフ・ボイスが亡くなって33年、西武美術館(池袋)での展覧会で来日してから35年が経ちました。 今回のボイス展は清里現代美術館から、新たに加わったボイスの作品のお披露目も兼ねた展覧会でしたが、来館された方の年代も様々で、ボイス没後に生まれた世代も多く来館されました.。  一方で来日したボイスに刺激され非常な刺激を受けていながら、なんだかわからないけど気になって仕方なかったと・・・来られた年配の方も、、、最終日にはボイスを研究しているという大学生が大阪から来ました、大学の図書館にあったというフジテレビギャラリーが制作した「経済価値」を特集した本を脇に抱えて。 それぞれのボイス像はこれからも作品とともに生き続けるでしょう。
今週末からは、袴田京太朗展が新しくスタートいたします。 初日の19日(14:00〜)は栃木県立美術館シニア・キュレーターの山本和弘さんとの対談があります。 袴田展のタイトルにあるように、ボイス晩年の作品「カプリ・バッテリー」を展示スペースに入れ、ご自身の作品と合わせてインスタレーションされるそうです。 ボイスの研究の第一人者である、山本さんとの対談がどのような方向に向かうでしょうか、見逃せない時間ですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック