柳澤紀子展は響きのある展覧会でした。2020/12/27

 先週末で終了の柳澤紀子展は来館された方々と親しく語る機会の多い印象に残った展覧会でした。 なにより作家ご本人が掛川から度々来てくださったことは、私どもにとってはなにより有難いことでした。年齢は意味のないことかもしれませんが少し年下の私は、柳澤さんの前向きでエネルギー溢れる気力に元気と勇気をいっぱいいただきました。 来年には個展の計画もあり、早速次のお仕事に取り掛かるそうです。 どうぞお身体にご留意されてお元気にお過ごしください。 これからのご活躍を楽しみにしています。 本当に有難うございました。 今日は新年初の展覧会「ヨーゼフ・ボイス生誕100年」展の展示作業をしています。 常設展示を含め、第一展示室、第二の通路部分、写真・ビデオ、また、若江漢字さんが1983年にボイスのアトリエで取った足型(凸面)を展示します。 生々しいボイスの足型、どのような生を支えてきたのか感慨深いものがあります。 年末の美術館外景です、来春、竹林にアネックスの建築が始まります。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック