トーク・イベントの様子です。2022/07/10

 一昨日は中村ハルコ展に合わせてのトーク・イベントでした。 ハルコさんのご主人、下館和巳さんとキャノン株式会社文化事業部・写真新世紀担当の高橋淳子さんとの対談でした。 下館さんのご専門はシェイクスピアとダンテ・・・文学の正統派でご自分でも一座を構えていらっしゃって団員の方もこのトークに参加いただきました。
下館さんはハルコさんと出会った頃の日記・そして備忘録を繙かれ、暖かな心のやりとりを披露されました。 聞いていると、気分は当時の写真の風景トスカーナへと引き寄せられるようです。 ハルコは私の全存在であった・・・ともおっしゃっていました。
高橋さんは写真新世紀のグランプリを受賞された時からハルコさんの写真に魅せられハルコさんが亡くなられてから写真集「光の音」をアートディレクターとして編集・出版されました。 大学時代からの友人でもある東京都写真美術館・学芸員の方・ハルコさんのお二人のお嬢様・お姉様など身内の方々にもトークに加わっていただきました。
この時期なので、イベントは人数制限して行われのでご参加いただけなかった方には後日youtube でご覧いただけるようにいたします。 下館さん、高橋さん、ご協力いただきありがとうございました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック