コロナ憎し!2020/05/20

 昨日の新聞で京橋のLIXILギャラリ–(1981〜)が9月末でクローズと書かれていました。大阪・梅田も同様だそうです。 それも休廊のまま閉廊へと向かってしまうのだそうです。 お別れも言えないで・・・本当にさみしいの一言です。 銀座から歩いて京橋への道は途中の文具の伊東屋へ寄ったりしてとてもお気に入りのコースでした。 ノンプロフィットの画廊で、若江漢字さんも自由なテーマと作品でインスタレーション(1990)と絵画(2010)での2回展覧会をしていただきました。一等地でありながら、空間が広くとても観やすい会場で、担当の方も本当に気持ち良く動いていらっしゃってバックにある会社の懐の深さを感じたものでした。 今回の発表では「運営コストの負担を考えた結果、経営編弾で閉廊を決めた」そうですが、今までの功績に感謝するとともにコロナ禍の大きさに背筋が寒くなる思いがします。 これまでの運営に関わった皆さまのご尽力に心より感謝申し上げます。 そして、もう一つ、京橋の名店の美々卯がやはり休店のまま閉店するそうです。LIXILギャラリーから地下鉄の宝町駅に向かう帰路にちょっと小腹を満たしてくれる麺は関西風のだしが効いた美味しいお店でした。二階でLIXILギャラリーの顧問の中原佑介さんと名物のうどんすきをご一緒したこともありました。 思い出すと暖かな気持ちになるかっての日常は、誰か言う「新しい生活様式」に覆い隠されてゆくのでしょうか。

初夏の花が咲きました。2020/05/16

 外出自粛の号令が効いています。 今までとは違い、美術館の前を通る人がメッキリ減っていて、人の話声もほとんど聞こえてきません。 皆さまが"STAY HOME" されてるんでしょうか。 昨日の神奈川県の感染者は国内では最も多い16名だったので、気持ちを引き締めているのだと思います。    カスヤの森現代美術館が休館してから一ヶ月半近くになりますが、あと17日間はこの状態を続けなければ・・・なりません。 もう少し辛抱しなければいけません。
 今年予定の展覧会は一つは完全にスキップして、そこに若江漢字さんの展覧会を期間延長していただきました。 来月の4日には、しっかりと予防体制を整えて開館いたしますので、どうぞ気分を新たにカスヤの森現代美術館へお出かけください。 庭には初夏の杜若、バンマツリ、ジキタリスなどが色鮮やかに咲いています。

休館の延長について、2020/05/08

 HPの冒頭でもご案内させていただきましたが、緊急事態宣言の期間延長に伴い、当館でも休館期日の延長をいたしました。 美術館の開館は規制緩和されたのですが、来館される方々と受け入れる私たちとの安全・安心を考えて、開館は2週間後といたしました。 政府の言う所の「新しい生活様式」とは・・・それぞれに異なったイメージを描いていると思いますが、これからの新しい日常はどのようなものでしょうか。 美術館へ今までのように来館していただけるでしょうか、 先の見えない不安が募ります。
 新緑のまぶしい欅や榎が元気に空に手をひろげています、ガイアはこの先を見通しているように暖かな陽光を浴びて輝いています。

善竹富太郎さんのこと、2020/05/02

 昨晩、友人からのメールで善竹富太郎さんがコロナ感染による敗血症でお亡くなりになったと知らされました。 まだ40歳の若さでした、善竹十郎先生ご一家とカスヤの森現代美術館の繋がりは、もう十数年になります。横須賀にお住まいの観世流能楽師であった鈴木佐太郎先生から、とても人柄の良い方だから自分が例年行事としてやっている筍園遊会での「お謡」や新年を祝う「翁」を自分が出来なくなったので、善竹先生にお願いしてみてはどうかと勧めてくださったのです。 そして快く引き受けてくださった善竹十郎先生は毎年カスヤの森現代美術館の4月の筍園遊会には、ご一家お揃いで来てくださって狂言についての解説をとても分かり易くとても楽しく話してくれるので大人気でした。
そして新年には十郎先生に富太郎さん、大二郎さんの二人を加えて三名の演者で仕舞を舞ったり、初心者相手に「四海波」を一節一節づつ丁寧に教えてくださって、最後にはなんとか謡に聞こえるほどにご指導いただきました。
狂言にオペラを組み合わせたり、民族楽器を取り入れたり新風を吹き込むことにもとても熱心でした、狂言を普及させる会も各地で開催してこれからの伝統ある狂言界の牽引車となる方でした。 体格も立派で声もよく通って、いつも楽しい会話が弾んでいました。私の作った筍の姫皮入り卵焼きを絶賛してくれたのも富太郎さんでした。 善竹十郎先生にとっては伝統ある道を引き継いてくれる大事な大事な後継者です、悲しみはとてもとても計り知れません。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。

休館中、でも花盛りです。2020/04/16

 最高の季節をなんてことでしょうか! 世界中を覆う新型ウイルス感染の恐怖に手がつけられません、今まで経験したことがない怖さです。 美術館では短期で休館するつもりでしたが、感染の不透明さにまだ休館を続けるしかないかと考えています。 風通しもよく、三密の状態は起こらない環境ですが、用心に越したことはないので安全、安心を最優先したいと思います。
 一方でガイアはなにも変わっていないとでも言うかのように季節の彩りは見事です。
我が家の家紋、花沢瀉が咲きました、うれしいです!

臨時休館いたします。2020/04/04

 昨日の神奈川県知事による外出自粛要請を受けて、今までなんとか開館していましたが、ご来館される方及びに接客の安全を考え、今月の4日(土)〜19日(日)を臨時休館させていただく事になりました。 感染者拡大を防ぐために自分が感染しない事、そして感染させない事が一番です。 入り口に咲く桜が満開になり、竹林の筍も出盛りを迎えています。
浦島草もあちらこちらで釣り糸を長ーく伸ばして気持ち良くしています。カイアはいつも健全に推移しているとでも言いたげに・・・

若江漢字−絵画 克服される現在–が始まりました。2020/03/22

 昨日からカスヤの森で新しい展覧会がスタートしました。 2015年に開催した–解読された「大ガラス」展以来5年ぶりになります。若江漢字さんが長い間研究を続けているマルセル・デュシャンの問題作、通称「大ガラス」からフィラデルフィア美術館に残された「遺作」までの隠されたキリスト教的なストーリーを構築して絵画化しています。
COVID19の先行が不透明な時ですが、換気で風通しをよくし、除菌消毒を励行し、開館しておりますのでどうぞ鬱陶しい気分に負けずにご来館ください。 毎日曜日には作家が在館しています。

竹林に日差しが燦燦!2020/03/20

  月初めに竹林整備が進められてから、半月ほどになりました。 伐採した欅・榎の大木は4本でした。伐採のために周囲の竹を切り払い、その数は100本を超えました。しっかりした超太い孟宗竹ですが廃棄処分しか道がありません。欅や榎にしても運搬して板に挽いてと労力をかける余裕がありません。 輪切りにされた大木はとりあえず竹林アート・インスタレーションにいたしました。 今日は春の日差しが思いっきり竹林に差し込んでいます。
明日から若江漢字さんの「絵画 克服される現在」が始まります。 COVID-19で公立美術館が軒並み閉館される中ですが、風通しよくしてゆったりとした空間での展覧会です。 どうぞ気分一新、お出かけください。

松澤宥-80年問題展 終了いたしました。2020/03/12

 先週末3/8日が最終日でした、本来ならNYから富井玲子さんをお迎えして松澤作品についてのレクチャーをしていただく筈でした。 講演会は出来ませんでしたが、予定に入れて下さった方々が展覧会だけでも見ておこうと考えられてか、寒い雨模様の天候にもかかわらずラウンジの各テーブルがそれぞれの話題で大賑わいの一日でした。 また、信濃毎日新聞3/6付に当館の展覧会がカラー刷りの大きな記事で紹介されました。 記事を書いてくださった編集委員の植草さんは松澤さんのテートモダン(2001年)の展覧会に同行取材されました。
 コロナウイルス感染拡大は止まるところを知らずに、とうとうパンデミックとWHOが宣言するところとなってしまいました。 松澤さんの作品「80年問題」制作の契機ともなったの「人類は80年で滅亡する」(上野勛黄・西澤潤一共著2000年刊)中で、次のように書かれています。    ー微生物の誕生から原始藻類が海中に誕生するまでの進化の時間は、実に200億年もかかっている。哺乳類の誕生は2,5億年前、人類の誕生は200万年前にすぎない。ガイアは、自らの歴史に照らせば、一瞬にも満たない50年や80年の延命像に苦慮している人間たちをあざ笑いながら、自らを飾る次の主役をイメージしつつ、生物の組み替えを企画しているのかもしれない。ー