カスヤの森は新緑、真只中です。2018/05/10

 ブログも一月以上更新できず失礼しておりました。 森の木は、春先の柔らかな緑から、いまは青々とした葉がいっぱいに繁っています。 第3展示室への通路にある杜若やつるバラが彩りよく咲いています。今週末13日(日)には展示中の作家、若江漢字さんのトークイベントがあります。 今月号の月刊ギャラリーには、タイムリーな特集として若江漢字さんが選んだ「私の10点」という特集記事が載っています。 1960年代から「見ること」と認識についての問いかけを、写真を通し今日まで作品制作しています、作家の鋭い言葉は現代にどのような問題を見出しているのでしょうか・・・。

若江漢字展が始まりました。2018/04/04

 
当館の創設者でもある、若江漢字さんの写真作品の初期作品から今日まで作品を通して、何を意図して写真を媒体としたか、を問い直す展覧会です。 1968年の初期作品から2016年の作品まで約50年の間に制作された 作品のなかで20点を展示しています。 オープニングには小田原の鈴廣かまぼこの差し入れをいただきました。カスヤの森現代美術館の竹林から採れた筍をふんだんに使って カルパッチョや筍ご飯、煮〆も並びました。

早咲きの桜が満開です。2018/03/17

大輪の真っ赤な椿は挿し木から育ちました。
春一番のムスカリ、毎年咲いてくれます。
貝母の花の見頃は束の間です。
裏手に群生しているクリスマスローズ

ギャラリーTOMでの対談2018/03/17

 3月11日に渋谷・松濤・ギャラリーTOMで開催中の若江漢字展で神奈川県立近代美術館館長の水沢さんと若江さんの展覧会タイトルにある「いまなぜデュシャンか」をテーマとした対談がありました。 階段席まで使って、会場いっぱいの来場者で盛況な会でした。 (展覧会は4月5日まで) http://www.gallerytom.co.jp/index.html 若江漢字さんの研究テーマでもある俗称「大ガラス」の解釈講座という意味合いの対談でしたが、1980年制作の東京バージョン(駒場・東大資料館で展示中です)をお二人で見学した後の対談だけに、1923年から続くデュシャンからの問いかけに、様々な解答を出しています。 そんな答を聞いてデュシャンはどんな表情をしているでしょうか、今年、没後50年になります。

解読された《大ガラス》若江漢字展が始まります。2018/03/08

 2015年にカスヤの森現代美術館で開催した同じタイトルの展覧会が明日から渋谷・松濤にあるGalleryTOMで始まります。
今年がマルセル・デュシャン没後50年でもあり、ギャラリーオーナーの村山治江さんからの依頼で実現したものです。
当館で出品したマルセル・デュシャンの俗称「大ガラス」ですが、今回は一回り小さいサイズの100号となりました。他にも遺作についての考察からの絵画や1970年代に制作のオブジェなど展示いたしました。
3月11日には神奈川県立近代美術館・館長の水沢勉さんとの対談もあります。
4月5日まで。ぜひご高覧ください。

今なぜ、デュシャンか? 解読された「大ガラス」若江漢字
http://www.gallerytom.co.jp/
東京大学の駒場キャンパス内にある「駒場博物館」では、1980年に制作された「大ガラス」東京ヴァージョンをご覧いただけます。ギャラリーTOMより徒歩12~15分程度の場所にございますので、ぜひこの機会に合わせてご覧いただければと存じます。
http://museum.c.u-tokyo.ac.jp/

春が来ています。2018/02/28

 風の冷たさにもめげず河津桜が7分咲きになりました。 となりの白玉椿も次から次へ大きな花が咲いています。 下を見ればクリスマス・ローズの花がしっかりと頭を持ち上げていました。毎年のことですがやっぱり、春はいいですねー・

栗の木、欅の木を伐採しました。2018/02/10

  美術館裏手の栗の木をご存知でしょうか、樹齢50年近い大木です。毎年、実った栗で渋皮煮を作ったり随分楽しませてもらいました。でも昨今の想定外に吹き上がる強風に備え、これ以上伸ばすことが難しいと考え、やむなく伐採を決断しました。また、第3展示室近くの欅は上部から水が入り、一部が腐りはじめていました。こちらも樹齢が60年以上経っていますが、専門の職人が健在の今、切ってもらうことにいたしました。 高さが8mを超えるところなので見ているだけでもハラハラしました。若手の職人さんのおかげで無事に仕事が完了、あたりがすっかり明るくなって空がとっても広くなりました。 代わりに低木の紫陽花や石楠花などでいっぱいにして、皆さまをお待ちします。
栗の枝は斜面のすべり止めになりました。

レモンがいっぱいです。2018/02/08

 
レモンイエローに色ずいたレモンを収穫しました。ちょっと遅かったかな・・・自然栽培レモンなので皮を擦って入れたレモンケーキを作りました。切った断面の自然な黄色がいいでしょ、アイシングをたっぷりかけました。
いつもの美術館おひなさま、小さいけれどかわいい表情でお迎えいたします。

立春ですね。2018/02/04

 毎年迎える早春の景色ですが、同じようでいて新鮮な喜びに満ちています。三代目のミモザはまもなく開花でしょうか、だいぶ色付きました。
枝垂れ梅は知人宅から貰われてきましたが、もうすっかりカスヤの森の人気ものです。

保田春彦さんとのお別れ2018/01/25

 当館での展覧会−文芸のまなざし『家』~2005 年9月16日(金)~11月27日(日)にご出品の保田春彦さんが1月20日にご逝去されました。保田さんとは2004年に若江が鎌倉の近代美術館個展の折に 同時に同別館で開催した奥様のシルビアさんの展覧会がきっかけとなり親しくさせていただきました。 「文芸のまなざし」展の折、一緒にご参加いただいた高橋睦郎さんや酒井忠康さんと竹林に面した裏のデッキで貴重な話をいっぱい聞かせていただきました。 凛とした佇まい、まるで剣豪のようjな鋭いまなざしが今も昨日の事のように目に焼き付いています。 保田先生のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
李禹煥さんも加わりものすごい面々です。