今津景展の最終日です。2019/05/12

 平成から令和へ二つの時代にわたる展覧会でした。 大型の10連休には、大勢の方に新聞やSNS等の情報で来館していただきました。ご来館、本当にありがとうございました。 今津さんは今年も、とてもすばらしい展覧会に出品されて作家として良い機会に恵まれています。 2月9日からは六本木クロッシング(森美術館)、3月16日から当館の今津景展、そして4月13日から横浜美術館の「meet the collection」へどれも大作の出品です。六本木と当館は今年の新作(一部は昨年、一昨年作)で、今津さんの持つ制作のエネルギーにはなんとも驚かされています。 そして、8月1日からは愛知トリエンナーレが始まり、きっと今は制作の真っ只中でしょう。 それだけ注目度が高いのは、やっぱり作品の持つ魅力に尽きると思います。 インドネシア在住ですが、世界に羽ばたくアーティストとして、これからの作品がとても楽しみです。 窓からの風景が季節の変化ですっかり変わりました、竹林の筍も天まで届きそうに成長しました。
野ばらの白い花が咲きました。
梅花ウツギの白い花が爽やかです。

今津景さんのオープニングがありました。2019/03/20

  先週土曜日に今津景さんの展覧会が始まり、初日にはオープニング・パーティがありました。 現在はインドネシア・バンドンにお住まいの今津さんは11日にこちらに来られて展示作業がすぐに始まり、展示が終わると次なる展覧会の打ち合わせが入っていました。 オープニングパーティーでは、インドネシアで制作された今回のバナー作品の洞窟について奥深いジャングルの中にあり、日本人としてインドネシアに住んで知る様々な問題などを話されました。
おふたりの好物、新鮮な鯛とスズキのカルパッチョ、アボガドとトマト、モッツァレラのサラダ、いなり寿司、サモサなどを食べながら、お客さま共々楽しい時間でした。

目下、準備中です。2019/03/13

 今週土曜日から始まる今津景さんの展覧会、11日から準備にかかっています。 展示室の壁3面をピッタリ覆ったバナー、お住まいのインドネシア・バンドンにある二つの洞窟の画像がこちらに迫ってくるようです。PC を使った画像を引き延ばして、新作絵画とのコラボレーション作品です。 今日はほぼ仕上げて、16日のオープニングを待ちます。 今までのカスヤの森に突如、異次元空間の出現です、この今津景の創造空間を体験してみてください。

花盛りのカスヤの森より。2019/03/10

 次の今津景さんの展覧会は今週末16日(土)から始まります。 インドネシアから明日こちらに着き、展示作業に取り掛かります。 いまエナルギー全開の作家の新作を含めた展示がどのようになるのか、とても楽しみです。 16日の15:00より作家を囲んでのオープニングレセプションがありますので、どうぞお出かけになってください。 ちょうど入り口のミモザや早咲きの桜など春を待っていた色々な花が咲き始め,皆さまを歓迎しています。
ミモザが開花して鮮やかな色あいになりました。
貝母はいまが一番見ごろかな・・・
ムスカリはいつも変わらずに春を告げる花です。
年々ワイルドになっています、カスヤの森のクリスマスローズ。
たった一枝を挿し木した椿ですが、まるでバラのみたいにゴージャスな花。

春が来ています。2019/03/02

 節分からすっかりお休みしてしまいました。 気がつけば、明日は雛祭り。 美術館入り口のミモザは三代目になります。 成長が早いせいか、強風や雪など自然の力に負けて、幹が折れてしまいます。 三代目は長生きして欲しいです。 冬の間は地味にじっと耐えていたクリスマス・ローズも一気に見事な花を咲かせています。 「等温帯」は明日までです。

明日は節分2019/02/02

 日差しが春めいてきました。 明日は節分ですね、カスヤの森にもゆっくりと春が来ています。 薄紅色の枝垂れ梅がいちりん一輪と暖かさを運んできます。 下を見たらふきのとうがいくつか出ていました、やっぱり春はいいですね。

橋本倫さんの特別講演2019/01/20

 今回の展覧会出品作家でもある橋本倫さんの講演会が昨日開かれました。 テーマが「治癒神としての美術」、橋本さんが日頃から研究し実践する絵画芸術における真髄を詳しい例を引きながら、現代の美術とアートの違いなど非常に緻密な講義をされました。 人間にとり、美のもたらす力は孤独を恐れず死をも肯定するという、永遠の領域に入るのだと定義する。 「無限という、人間を宇宙の時空に宙吊りにするパスカル的恐怖の対象である開かれた時間の両端を切断して光で繋ぐと、永遠という美の円環になる・・・」昨日配布のレジュメから。 この講義、会期中には会場のモニターでご覧いただけます。

春の光が竹林にいっぱいです。2019/01/13

 寒中お見舞い申し上げます。 外は寒いですが、光はもう春のようです。 西から差し込むひかりの線が竹林の椿を照らしていました。 入り口の3代目のミモザが蕾をつけています。 月末には花が開いてくれるでしょう。 今週の土曜日・19日14:00から今回の出品作家、橋本倫さんの特別講演があります。 芸術とアートって、どう違いがあるの? そんな話題から今の美術状況を語ってくれます。 どうぞお出かけくださいませ。

6日にオープニングがありました。2019/01/09

 展覧会名の「等温帯」って、どういう意味? これは造語なので辞書にはありませんが、読んで字のごとく等しい温度のゾーンという意味合いを込めて名ずけました。 作品の持つ温度を感じることがあります、当館でも常設展示されている70年代の美術が昨今、海外から熱いまなざしを向けられています。高松次郎さんや原口典之さん、宮脇愛子さんなど他にも大勢いらっしゃいます。 カスヤの森現代美術館が開館した1994年当時は、まだ現代美術?なんて解りません、と敬遠されてました。でも60年代〜70年代の作品から発する体温は熱いものがありました。そこで常設展示室を作ったんです。それから25年経ち変わりました。 これからますます、日本のこの時代が熱い視線を受けて行くでしょう、そんな気持ちを込めたオープニングでした。

開館25周年がスタートです。2019/01/04

 明日から今年初の展覧会「等温帯」が始まります。 当館のコレクションが主になりますが、岡部版画工房さんから彦坂尚嘉さんや合田佐和子さんの版画作品も販売用に用意していただきました。 今年はカスヤの森現代美術館してから25年の記念年です。 四半世紀の活動実績を、より充実させてゆきたいと思いますので、どうぞこれからもよろしくご支援ください。 カスヤの森現代美術館が皆さまとの楽しみを共有できる場となりますよう、ご来館をお待ちしています。