河口龍夫展のオープニング2015/10/06

 2日から始まった「闇の時間」展のオープニングが4日にありました。 三々五々と集まってくださった方々の中で最年長の早川重章さんに乾杯の音頭を取っていただきました。
 12月22日までのロングランになりますが、途中11月1日 (日)3時からはアーティスト・トークがあり、終了後には大型の鋳物で出来た箱に「カスヤの闇」を封印するイベントがあります。
20個のボルト締めを来館された方20名が担当します。 どうぞ奮ってお出かけください、作品制作の一端を担うために・・・
カスヤの森で採れた栗を使っての栗ご飯、好評でしたよ

秋晴れの日に2015/10/09

 お客様からのプレゼントです。
雄花にバッタ、なんてステキでしょう。
日向ぼっこのママちゃんです。

ドイツからのお客様2015/10/21

 以前は葉山に住んでいらっしゃったウタさん、いまはボンで暮らしています。短い帰国の合間をぬって愛車で来てくれました。
ちょうど友の会の福嶋さんもいらっしゃったので記念撮影。 いつも気にかけていただいているこのブログ、なかなか更新されないので叱られてしまいました。これから気をつけますので、懲りずに覗いてみてください。

カスヤの森でもお月見です。2015/10/25

 十三夜も十五夜と同じく名月ですね、今エントランスから見る月はちょうど正面に上がっています。 詫びた筈すすきとホトトギスはこれからの季節を表しているようです。十三お供えしたお饅頭はいつのまにか・・・

ユニットでレクチャー2015/10/28

 昨日、世田谷美術館の「美術大学」講座で「現代美術入門」として前半が「カスヤの森現代美術館」を私が紹介し、後半に若江漢字さんが「現代美術とは」で講義いたしました。
 約60名の方々は主に世田谷区に住んでいる社会人の方たちですが、週二回の講座で7ヶ月びっちりと美術史と実技を学んでいます。 昨日は午前中が木彫の授業だったそうです。充実した設備の教室に手を彫刻した作品が並んでいました。 世田谷区って、素晴らしいところですね、