いよいよ展示作業が始まりました。2018/10/01

 長旅の疲れも見せずに、今日から滞在先の市内のホテルからバスで通うことになります。開梱した作品はアルミ板に貼付してあります、山口さんが考えた方法で、作品の裏面に展示用の発泡スチロールの箱形を付けて、壁面に展示することになりました。
ミネケ・シッパーさんの神話テキストの順序に合わせ、床に並べてみています。

昨日に続き展示作業2018/10/02

 昨日に引き続き実際に作品を飾り付けていきます。
 作品と作品の間隔を整えたり、それぞれのキャプションの位置を確かめるなど、細かい作業を繰り返します。

公開制作にあたり、予行練習もいたしました。2018/10/03

  明日は今回の展覧会のスペシャルイベント、公開制作の日です。
このプログラムは半年前からワシントンの山口さんにお願いして快く受けていただきました。ワシントンのジョージ・ワシントン大学で教鞭をとっていたこともあり、人前での公開制作についてはなんの心配もないのですが、使い慣れた絵の具や筆などが揃っていない状況での制作なので、一通りの準備をして予行練習されています。

公開制作の様子です。2018/10/05


 昨日、山口さんが作品を公開制作いたしました。 当館では初めての作家による作品の公開制作でしたが、さすがワシントンの名門大学ジョージワシントン大学で教鞭をとっていらっしゃった方なので、見る方への親切な解説もあり、自作のスライドもありました。


意外なアクリル絵具の使い方やユポといった特殊な紙を使ってのドローイングが皆さんの見守る中で出来上がって行く課程はアーティステックな不思議さが漂っていました。


人々の暮らしの中で欠かす事の出来ない「水と火」。しかし、時には私たちの生命を脅かす事もある「水と火」。山口さんは今回、相反する性質のこの2つの要素を神話になぞられるように象徴的に使って作品を制作されました。




オブジェが山口さんの仕事の中心になるので、スライドショーで紹介し ていただきました。



公開制作された作品は完成し次第、展示されますので今回立ち会えなかった方も後日ご覧いただけます。




今日も昨日の作品制作の仕上げです。

トークイベントそして、オープニングパーティー2018/10/08

 
 昨日は公開制作に続き、ゲストを迎えてのトークイベントがありました。
 アンソロジストとしてご活躍の東雅夫さんに山口由理子さんのインタビュアーをお願いし、今回の作品が生まれるきっかけや由理子さんがアーティストとして今に至る軌跡等をお話いただきました。高校卒業後に美大受験、その後エンジニアだったお父様がアメリカに帰化し、近くのUCバークレー校に入学してからアメリカの生活がスタートされたそうです。
 今回の展覧会は2009年にイタリアのベラージオでミネケ・シッパーさんと出会い、神話30点を絵画化することになりました。途中何度もミネケさんから出来上がった絵画へのダメ出しがあり、お互いのやりとりが厳しかったそうです。
 日本そして世界で起きている様々な災害は人々の日常を打ち砕いてしまいます。そんな絶望の淵から、人は光を見つけて今日まで歩んでいるのです。神話は歴史の語り部として尽きない物語として残されているのです。

途中、東雅夫さんのよく通る声でオセアニアの「海の神、ルアハトゥ」の神話の朗読が始まると、会場はシーンとなってその結末絵画と共に想像しているようでした。 できることなら、東さんにこの神話全部の朗読をお願いしたいくらいでした。

やっと出来た、くつろぎの時間。2018/10/09

 30日に着かれてから、一昨日、7日のトークイベントに続くオープニングパティーまで連日忙しかった山口さん、今日はようやくホッとした時間、若江ともゆっくり話ができました。
作品は大勢の人に見ていただきたいですね。

竹林の景色2018/10/20

 今、山口さんは遅れて来日されたご主人と一緒に京都旅行を楽しんでいらっしゃいます。
山口由理子さんが来日された日に来た台風24号の被害は、当館の竹林の榎の大木を傾かせてしまいました。太い根っこは市道を持ち上げ、結局伐採せざるを得ませんでした。その搬出に重機が2台入って、材木をトラックに積み込み、チップにするために運び出す作業が一週間ほどかかりました。
竹の始末する費用は個人持ちと言われ、請求書をみてビックリしてしまいました。竹林を管理することは、今後の大きな課題の一つです。 一方で怪我の功名、といったところでしょうか、広くなった竹林は見通しがきき、西日が長〜い筋となって竹林に伸びています。 西方よりの光明が石仏を輝かせています。
竹林への道が少し整備されました。

十三夜2018/10/21

 ススキの葉に止まっているバッタ達、一見すると本物のバッタ?よく見るとススキの葉で作られています。 今日の十三夜をすっかり忘れていました、そこにこのススキとお饅頭を持ってきてくれた方がいました。 有難いことに、毎年この時期にススキのバッタを作って届けてくれます。今年は片見月になるところをお助け頂き感謝です。 いつもお願いする和菓子屋さんに、来年は十五夜と十三夜を合わせてお願いしよう。

神奈川文化賞2018/10/21

 神奈川県と神奈川新聞社主催の神奈川文化賞を若江漢字さんが受賞することになりました。神奈川の文化の発展に功績のあった個人・団体に贈られる賞です。
 美術作家としての仕事とあわせて、カスヤの森現代美術館のこれまでの活動についても評価されたようです。
 1960年代末から今日まで、作品制作については一筋、これからも自分の中から湧き上がる問題意識を、様々な方法で表現してゆくことでしょう。これからも見守ってください。
 また、美術館の開設から25年の記念に素敵なご褒美をいただいた気分です。皆さまにも感謝です。
 表彰式は11月3日神奈川県民ホールで行われます。