2014年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。2014/01/06


 遅ればせながら新年あけましておめでとうございます。

 皆さまはどんなお正月をお過ごしになられましたか。

 カスヤの森では今日からスタッフ共々美術館へ初出勤です。 年末から年始にかけては殆ど暖房など使わずに出入りしていましたのですっかり冷え切った館内が暖暖かくなるまでに大分時間がかかってしまいました。

 明日は中上さんの作品搬入と展示をいたします。8日から始まり11日にはオープニング・パーティーがあります。 キャンバスの大作(S 120号)が並ぶ予定、どんな展示になるのかとっても楽しみです。


 好天に恵まれたお正月、竹林の藪椿も陽射しを受けてそこかしこに赤い花を咲かせています。竹林には椿がよく似合っています。


 寒中の竹林散策もなかなか良いものです、今年20周年を迎えるカスヤの森現代美術館にどうぞお出かけ下さいますよう一同お待ちしています。

中上清展のオープニング2014/01/12

 昨日は今年初の展覧会のオープニングでした。 今冬一番の寒さでしたが日中は暖かさが戻り、いい日和のなかでのオープニングができました。 中上さんの友人の平塚美術館副館長の土方さんもいらっしゃってゆっくりとお話してゆかれました。

 季節の椿寿司や差し入れの牡蠣のマリネなど新春らしいブッフェで喜んでいただき、スイーツは「鏡開き」のお汁粉で締めました。

今年の謡初め式2014/01/31

 初春にふさわしいカスヤの森の恒例行事「謡初め式」を26日(日)午前中、善竹十郎先生のご先導で開催いたしました。

 展示室に、稲作文明による神器「鈴」や黒白の翁面を飾り即席にしつらえた舞台で社中の善竹大二郎さん、野島さんの3名の方がお祝の盃を交わします。善竹十郎先生が仕舞を舞われ、その後は祝いの謡曲「四海波」を参加者全員で謡うというものです。

それが終わってから参加者の皆さまへ善竹先生が三方に載せたお酒と塩、洗米をお配りし式終了となりました。
世阿弥生650年を昨年と今年にわたり記念プログラムを組んでいるようですが、室町期の文化英雄を偲びつつ昼食、そして紅梅の練りきりで薄茶をいただきました。
皆さまのご多幸を祈りつつさわやかな良い会はお開きとなりました。